2012年06月10日

インディアンペールエール


今回はIPA = インペリアルペール
イギリスがインドを支配した帝国時代に開発したビールです。







冷蔵庫の無かった時代、
ビールの防腐剤としてホップが使われました。

インドは暑いので、ホップの量が2倍、3倍と使われました。
だから、ホップのフルーティーな香りが強いのです。

でも、苦味も強まっています。







元々はイングランド中部の町
バートン・オン・トレントでペールエールが作られた。

そこは硬水のためホップの苦味が良く抽出できた。


イギリス領インドに住むイギリス人のためにホップを増やした
インディアンペールエール(インペリアルペールエールとも)が出来ました。
















posted by 船橋のドラえもん at 13:18| Comment(7) | IPA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。