2009年08月31日

ショック?濁っている

酵母が楽しめる南ドイツのビールです。

ERDINGRE

エルディンガー

ヴァイツェン へフェ




下の写真では背の高いグラスに入っています。
エルディンガー専用グラスです。

黄金色に白い濁りが有りますよexclamation×2
腐っているわけではありませんよ。
この濁りが酵母です。


ヴァイツェンは南ドイツで作られてきた
小麦と大麦のビールです。


ナツメグのような香りと
バナナのようなフルーティーな香りと
酵母の香りがします。


濁りのある物をへフェといいます。
濁りがないとクリスタルと言ったり
ヴァイツェンの種類は多いのです。


ホップの苦みはほとんどありません。
だから女性にも人気があります。


舌横に甘みを感じません。
舌横に感じる甘みは米の味です。

日本ではここに甘みを感じると
まろやかと感じる人が多いようです。

麦100パーセントのものを除くと
日本のビールはほとんどのものが
舌横に甘みを感じさせますよ。


081006_2306~01.jpg

左にあるのはギネスです。
黒いビールです。
(詳しい話はまた今度)

これとエルディンガーを混ぜると
美味しいハーフ アンド ハーフを作れます。

まろやかな味になります。
酵母が苦手な人はやってみてください。



また、会いましょう。

posted by 船橋のドラえもん at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。